引越しが決まったら?

引越しは人生の新しいチャプターとして、まだ見ぬ未来への期待や興奮、そして不安などが渦巻く一大イベントでもあります。引越しを自分自身で全て行なう方は意外と少なく、ほとんどの場合、引越し業者に依頼するタイプの引越しが多いですね。

引越し業者へ引越しを依頼する場合には、いくつか注意しておきたい点があります。

引越し業者のサービスは業者ごとに異なります。梱包は自分でするのか依頼するのか、追加料金がかかるアイテムはあるのかどうか、引越しサービスで移送できないアイテムはあるのか、などはあらかじめチェックしておきたいですね。

大きな家電製品や家具などは、ほとんどの場合問題なく引越し業者が運んでくれます。料金も引越し料金の中に含まれています。しかし、ピアノやアンティークなど取扱に特別な注意が必要なアイテムは追加料金が発生する場合が多いので、引越しの見積もりを出してもらった時に確認しておく事が大切です。

また、貴重品などは基本的に引越し業者は運んでくれません。もちろんトラブルを避けるためで、現金や有価証券、宝石などの貴金属、キャッシュカードや印鑑なども、引越し業者によっては拒否される事もありますから、あらかじめ手荷物の中に携帯するように手配して置きましょう。その他、拒否されるアイテムには、爆発する危険があるガソリンや灯油などがあります。

引越し業者の中にはペットも運んでくれるサービスもあります。もちろん追加料金がかかりますが、ペットオーナーにとっては安心のサービスで嬉しいですよね。

鳥取の特徴紹介

日本海に面する鳥取県には、あの有名な鳥取砂丘があります。まるでエジプトに行ったような気分になる事ができる鳥取砂丘は、鳥取県に観光に行ったら必ず行きたいマストスポットであることは間違いありませんね。鳥取砂丘には観光用のラクダや馬車などもあるので、ぜひラクダに乗ってアラビアンな気分に浸りたいものです。

鳥取砂丘は海岸沿いにありますが、少し内陸部に入ると「神と仏が同時に宿る」と言われている三徳山三佛寺があります。ここは天台宗の修験道として利用されていた寺で、毎年10月には炎の祭典が開催される事でも有名な場所です。炎の祭典では、護摩木を燃やした残り火の上を、なんと素足で歩くと言う光景を見る事も可能です。デモンストレーションと言うわけではないこの真剣な儀式を見ると、なんともいえない気持ちになるようですよ。

鳥取県は日本海に面しているため、海の幸がとても豊かなシーフード大国としても有名です。春夏秋冬いろいろな魚介類を楽しむ事ができますが、その中でも泥エビや美保エビ、ズワイガニ、カレイなどは鳥取を訪れたらぜひ食してみたい一品かもしれませんね。

鳥取には温泉街がなんと10箇所もあります。県民の癒しの場としても大活用されている温泉には、蛍の里としても知られている吉岡温泉、世界の中でも有数のラジウム泉がわき出る三朝温泉などが有名です。ゆっくりと日本海を眺めながら温泉めぐりなんていうのも味わい深いかもしれませんね。

Copyright © 2016 鳥取県の引越し業者 . All rights reserved